ラモス新監督

J2岐阜のラモス瑠偉新監督。下位に低迷するチームの再建を託されました。

ですが、僕を必要としてくれるのならば、逃げてはいけない。強いチームを作ると所信表明されたそうです。

かっこいいですね!

 

ラモス監督には岐阜が新しく生まれ変わったところを見せてほしいですね!

GKの川口選手やDFの三都主選手も加えたそうで、これは期待できるのではないでしょうか?

 

ただ、ラモス監督には途中でさじを投げるようなことはしないでほしいですよね。

期待こそありますが、名選手、名監督にあらず。なんてことにはならないように・・・

 

熱い気持ちがチームをどう引っ張ってくれるか楽しみですね。

医療現場は看護師の自己犠牲で成り立つブラックな世界の側面

現在、国内には約150万人の看護師がいるが、その労働環境の実態は極めて過酷だ。
都内にある療養型一般病院に勤務する看護師のB子さん(33才)は日勤(8時30分~17時15分)、準夜勤(16時30分~翌1時)、深夜勤(0時 30分~9時)の3交替で勤務に当たる。日勤では朝から検温、入院患者の歯磨き、痰の吸引などで病棟内を駆けずり回り、19時過ぎまで残業をすることがほ とんどだ。
残業を終えていったん帰宅するも、わずか3時間ほどの仮眠をとっただけで病院にトンボ返り。そのまま深夜勤が始まる。40人の患者を看護師2人とケアワーカー1人で受け持ち、患者の体位交換やオムツ交換を引っきりなしに行う。
「ただでさえ人手不足なのに、認知症で点滴の針を自ら抜いてしまう患者さんもいて、勤務中は息つくヒマもありません。さすがに体がもたないと、多くの同僚が退職していきました」(A子さん)
実際、看護師の退職者は年間で12万人を超える。離職率にして10%に迫るこの数字は、専門職にしては異常な高さだ。さらに、全国の看護職員2万 7000人以上を対象にした『看護職員の労働実態調査』(日本医療労働組合連合会=日本医労連・2010年)によると、約8割の看護師が「仕事を辞めた い」と回答した。
主な理由は、A子さんのような長時間労働による心身の疲弊だ。2012年度の夜勤実態調査では、看護職員の半数近くが一度に16時間に及ぶ夜勤をこなし ており、3割が月9日以上夜勤があると答えた。前出の労働実態調査では「慢性疲労」を抱える看護師が7割、「健康に不安」を覚える人も6割を超えた。
現役看護師で東京都庁職員労働組合病院支部書記長の大利英昭さんは、長時間労働とそれが引き起こす医療事故を懸念する。
「16時間もの夜勤の終了直前に、モルヒネなどの麻薬を扱うことがあります。心身ともに疲れ切って、半分眠ったような状態で作業をする。チェック体制も敷 いていますが、チェックをする看護師も同じく夜勤の終盤。いつ重大な医療事故が起きてもおかしくないという強い不安でいっぱいです」
看護師の9割以上を占める女性にとって、妊娠・出産も大きな不安材料だと、『看護崩壊』(アスキー新書)の著者で労働経済ジャーナリストの小林美希さんが言う。
「過重労働の影響で、女性看護師の3人に1人が切迫流産(流産になりかけている状態)を経験しており、そのうち1割が実際に流産しています。無事に出産を するため、30才前後で退職する場合も多い。夜勤によって満足に子育てができなくなることを心配して、出産後に復職するケースも少ないのです」
多くの患者からの、時に理不尽な要求にも応えなければならない状況もある。現役看護師で『看護師という生き方』(ちくまプリマー新書)著者の宮子あずささんはこう率直に語る。
「患者さんから『これ、お願い』と言われれば、“どこまでもやって当たり前”なのが私たちの仕事。人数を増やしても業務も増えるばかりで追いつきません。今の医療現場は、看護師の自己犠牲で成り立つ“ブラック”な世界なんです」

 

厳しいんでしょうね。

過酷で激務。

辞めたいと思うのも不思議ではないですね。

先日、看護師の仕事は過酷ではないし激務ではない。

同等の給料をもらえる職種では一番楽というようなこと言ってました。

その医師の個人的な見解ではあるけど、言い過ぎではないですかね。

個人個人で考え方の違いはありますが。

交代勤務だというだけできついはず。

しかも、人間それも病気やけがをしている方を相手にしなくてはいけない。

どう考えても楽とは思えないです。

大変な労働環境だと思いますが、頑張っていただきたいですね。

でも、どうしても我慢できず転職したいと考えた場合は、看護師 給料を参考にしてみてください。

医療費削減の切り札となるか?日本初、医療系アプリコンテスト

● 学生主導で進む、 医療現場を快適にするアプリ開発
「医師の診察前にじっくりと問診できるアプリ」「面会スケジュールを調整できるアプリ」「看護師が見に行かなくても点滴の残量を知らせてくれるアプリ」 ――こんなアプリがあれば、診察や入院生活はスムーズになるに違いない。通院中の身ならすぐに入手したいところだが、実はこれらのアイデアは、未来の医療 を担う学生たちが考案したものだ。

この夏開催された「Applicare2013  医療系アプリ開発コンテスト」は、医療のプロを目指す学生が参加したコンペ。ネットコミュティ「医療学生ラウンジ」の主催で、医療現場に山積する課題をアプリを通して解決していこうという日本で初めての試みだ。

 

看護師の人員不足に悩んでいる医療機関には朗報なのではないだろうか。

点滴の残量確認など、患者がきちんと連絡してくれればいいが、すべての患者が正しく連絡できるわけではないだろう。

それだと看護師が定期的に病室などに見に行ったりしなければならない。他の業務の支障となる場合もあるだろう。

でも、放っておくわけにもいかない。

患者の様子を見に行ったりその他、人員不足を補ってくれるようなものが開発されたら、手放しに喜んでしまうだろう。

そういったものをこだわりなく導入する職場に勤務したいと考えている方、年収にもこだわって看護師求人 年収が高い求人は看護師転職サイトにある!を活用し職場探しをしてみましょう。

 

「カンガルーケアで呼吸停止」認めず=病院への賠償請求棄却―大阪地裁

出産直後に母親が肌を触れ合わせて赤ちゃんを抱く「カンガルーケア」で、病院が安全対策を怠ったため女児(2)が低体温による呼吸停止に陥り、植物状態に なったとして、両親らが病院を経営する医療法人を相手に計約2億6600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、大阪地裁であった。黒野功久裁判長 (杉浦徳宏裁判長代読)はケアと呼吸停止の関連を否定し、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。
原告側は、事前に危険性の説明がなく、ケア開始後の経過観察も不十分だったと主張していた。判決は、ケアの実施にかかわらず呼吸停止は発生し得ると指摘。経過観察についても「看護師の付き添いを義務化するのは不可能だ」と述べた。

 

いわゆる医療ミスによる損害賠償請求の裁判ですよね。

産まれたばかりの子供が病院側のミスにより植物状態なってしまったから賠償金を支払えということですね。

両親はさぞ、悲しくて悔しかったことでしょう。

だからこのような裁判を起こしてるんでしょうしね。

実際に病院側がどういった対応をしたのか具体的に書かれていませんし、何とも言えないところもありますが、なんか原告側が苦しくないですかね?

悔しかったのはなんとなくわかりますが、あからさまに安全対策を怠ったのであれば被告が敗訴するでしょうしね。

その時はさておき、その後の病院の対応がまずかったんですかね。

だからこんな裁判になってしまった?

医師や看護師は大変なんだなと、つくづく思います。

心労もかなりのものでしょうね。

もし今の職場を辞めたいと考えることがあるなら、職探しに看護師求人 好条件の非公開求人は看護師転職サイトにある!を活用していただけたら幸いです。

ダークナイトには

長い夜には、何をするのが良いんだろう?

テレビを観る。

映画を観る。

音楽を聴く。

本を読む。

過ごし方は色々です。

新聞を読んだり、ネットのニュースを閲覧するなんてのもありでしょう。

いろんな出来事について、思ったことを書き込んでいきたいと思います。

http://www.disneyphenom.com/