クリオネ新種発見

100年ぶりに、クリオネの新種が発見された。
発見地はオホーツク海。蘭越町立の貝類博物館「貝の館」の山崎友資学芸員(33)と、オホーツク流氷科学センターの桑原尚司学芸員(41)の共同研究の末新種であることがわかった。
新種の学名は「オホーテンシス」。他種より丸みをもった形や触手が特徴だという。研究に関する論文は、英国の専門誌「ジャーナル・オブ・マラスカン・スタディーズ」などで発表されるそうだ。
山崎さんは「長い時間をかけて研究してきた成果が出てほっとしている」とコメントし、桑原さんは「こんな身近な所に新種が居たなんて思わなかった」とコメントした。発表時期にそれぞれの勤める施設で企画展を開催するという。
クリオネは研究者がすくなく、世界的に情報数もすくないのだそうだ。子供のころ、始めて本物のクリオネをみたとき、その小ささに驚いたのをおぼえている。