小久保ジャパンの主砲・中田の意外な事実

新生・日本代表「侍ジャパン」は初陣となった台湾遠征で3連勝と最高のスタートを切った。その中でも4番を務めた日本ハム・中田翔外野手(24)は、意外な理由で現地の注目を集めた。台湾でも人気の日本製野球ゲームでかなりの強打者として設定されているため「実物はどんなにすごいのか」と期待されたからだ。だが全3戦で2安打と不発に終わり、現地メディアからは「ゲームの方がすごい」という失望の声も。4年後の次回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までに、名実ともに日本の主砲に成り上がれるか。

 

ちょっと可哀相な気もしますね。

ゲームでは凄いのに、実物はそうでもなかった。

まだ若いしこれからなんですけどね。

元々前評判が高すぎたところもありますが、実際に実力もあると思いますけどね。

まぁ、ゲームでの実力に早く追いつくように本人には頑張っていただきたいですね。