米で初の子宮移植

男の子3人を養子として育てている26歳の女性が、米国初の子宮移植を受けたことが7日、公表された。
リンゼイとだけ名乗ったこの女性には、子宮因子不妊症として知られる先天的な問題があったそうだ。これは、子宮が欠損しているか機能不全のために、妊娠が不可能な状態であることを意味するという。世界の女性の3~5%、米国の約5万人の女性にみられるそうだ。
リンゼイさんは16歳の時に不妊症であることを知ったという。記者会見では「その時から、妊娠を経験する機会を私に与えてくれますようにと神様に祈っていた。そして今日ここで、私たちはその旅の出発点に立っている」と話したという。
米医療機関クリーブランド・クリニックの医師チームによると、リンゼイさんは2月26日、30代で急死した出産経験のあるドナーから子宮の移植を受けたそうだ。移植手術には9時間を要したという。
米国で子宮移植手術が行われるのは今回が初めてだったそうだ。スウェーデンはすでにこの移植手術に熟達しているという。
米国では今年、リンゼイさんを含む10人の女性が子宮移植を受ける予定になっているそうだ。だが、前途にはまだ長い道のりが待ち受けているという。リンゼイさんは、医師らが胚移植を検討できるようになるまで、1年間にわたって拒絶反応抑制剤を服用しなければならないそうだ。
1年間に及ぶ待機期間を置くことで、リンゼイさんが妊娠する時までに拒絶反応抑制剤の投与用量を可能な限り低く抑えることができるという。リンゼイさんの卵巣は機能しているため、医師らは卵子を1個ずつ卵巣から取り出し、夫の精子で受精させているそうだ。その後は、着床を開始できるようになるまで冷凍保存するとのこと。
支給因子不妊症の女性が5万人もいるということにも驚きだが、スウェーデンですでに子宮移植手術の成功例がいくつかあるということにもびっくりだ。妊娠・出産を望んでいるのにできない女性が少しでも多く救われればいいのだが。