ご注文は?レストランにアシカの赤ちゃん迷い込む

米カリフォルニア州の海辺のレストランに、アシカの赤ちゃんが迷い込んだ。衰弱した様子で発見時は眠っていたという。
レストラン「マリンルーム」のテーブル席では食事しながら海を一望できる。2日朝、スタッフが清掃作業を始めようとしたところ座席にもたれかかるようにして眠っているアシカの赤ちゃんを見つけた。
このレストランを21年間経営しているフランス人シェフのベルナール・ジュリアスさんは「メニューを見せてもらえる?と言われたから、ご予約はお済みですか、と聞いたよ」と、笑っていた。
その後通報を受けた、マリンパーク「シーワールド」がアシカを保護した。
ジュリアスさんによると、このアシカ、本来なら18キロはある体重が9キロしかなかったとのことで、シーワールドの専門家は、左のまぶたがはれて目が開けないが、回復を待って海に帰したいとコメントした。
環境汚染による食物連鎖への被害がおき、アシカに限らず海洋生物たちは食料の確保が難しくなっているそうだ。アシカの赤ちゃんの家族はどこにいってしまったのだろう。