SMAP出演影響か?Twitterシステムダウン

解散危機の渦中にあったSMAPのメンバーの5人がテレビ番組に生出演した。
そして、放送された1月18日夜、Twitterが一時接続しにくいという状態になった。
SMAPに関連してのツイートの投稿が殺到したのが原因の可能性が考えられる。
SMAPのメンバーの5人は午後10時15分からフジテレビ系の「SMAP×SMAP」に出演。
今後も5人で活動をしていく意思を示した。
Twitterは直後から一時接続が難しい状態になったが、SMAPとの関連は不明のまま。
「Twitterが重くなった」という投稿も相次いでいるという。
また、「ダウンディテクター」のTwitterの障害発生のマップによると、障害報告があったのは日本だけのようだ。

頭の中の言葉の解読に成功

九州工業大学情報工学部の山崎敏正教授の研究グループが、頭の中で思い浮かべた言葉の一部を脳波から解読することに成功したそうだ。グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件のもと、それぞれの言葉が発生時と無発生時でほぼ同じ波形を示すと突き止めたそうだ。五十音の一部でも識別に成功しており、今後すべての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になるという。
研究が進めば、障害で言葉を話せない人との意思疎通や、音が伝わらない宇宙空間や水中での通信手段への応用が期待できる。山崎教授は「動けと念じればロボットを操作できるSFのような応用も可能となる」としているという。
脳の活動から言語や動作を予測する研究は欧米で生まれ、国内では約20年前に始まったそうだ。手足の上げ下げなど動作をイメージすることに伴う脳波の研究が主だったそうだが、動作は複雑かつ多様で、分析するのは容易ではない。言葉については、母音の識別には成功したことはあるが子音の入った単語の識別は聞いたことがなく、幅広い可能性を感じる研究だという。
今後、さまざまな分野でこの研究成果が応用されるのが楽しみだ。