Windows10は何が変わった?

無償アップグレードでリリース前から大きな注目を集めたWindows10。その実用性はどうなのだろうか?
新OS、Windows10で最も話題になったのが、本格的に復活を遂げたスタートメニューだ。
「すべてのアプリがまとめて見られるWindows7までのメニューと、Windows8から導入されたタッチ操作の進化したメニュー、両方のいいところを合わせたなという印象です。既存のデスクトップユーザーでも使いやすいと思います」と話すのはITライターの小枝祐基氏。新スタートメニューでは、デスクトップとの行き来や、ファイルのやり取りを行う際に感じられたストレスが大幅に減ったという。
使いやすさの理由はスタートメニューそのものにある。左側には7までのメニューと同じようにログインしているアカウント、スリープやシャットダウンなどの電源関連、設定といった基本的な機能が集約されている。『すべてのアプリ』をクリックしてアプリの一覧を確認できるのも、以前のユーザーにはおなじみだ。
一方、右側のタイル部分には8世代の特徴だった天気やカレンダーといった標準アプリの最新情報が表示される。一覧でアプリを右クリックし、『スタート画面にピン止めする』を選べば、アプリやフォルダを追加することができる。長押しや右クリックで表示する情報や位置もカスタムできるので、自分好みのメニューにすれば操作性も抜群だ。
7以前と8意向のメニューを組み合わせた「二刀流」が特徴の10。スタートメニューに多くの情報は必要ないというユーザーは、タイルを取り除いてシンプルにすることもできる。
他にもウィンドウを自動でリサイズしてくれる機能やタスクビューの切り替えも簡単になっている。
また、WindowsのWebブラウザと言えば、長らくインターネットエクスプローラーのイメージが強かったが、10からの標準ブラウザとなったのがMicrosoft Edgeだ。まったく新しいブラウザとなったメリットとしては、操作性や動作環境の向上はもちろん、大きく分けて3つの特徴が挙げられる。一つは履歴を残さずにブラウジングできるプライベートモード。In Privateウィンドウを立ち上げてブラウジングすれば、タブを閉じた際に一時データが自動的に削除される。二つ目は、関係のない広告などの画像を省いて読みやすくしてくれるリーディングモード。タブレットモードやWin10搭載スマホでWebを見る時に、ゴミゴミした広告に触れて余計なサイトを開くというようなストレスが軽減された。ただ、対応していないサイトが多いのが難点だ。
そして、最大の特徴と言えるのがWebめーじに直接書き込むことができるメモ機能だ。Webノートモードではタッチの手書きや、キーボードでテキストの注釈をつけて簡単にメモや資料を作成することができる。切り替えはEdgeでWebページを表示し、画面右上にあるアイコンをクリックするだけ。ペンの太さや色だけでなく吹き出しなども豊富だ。保存したWebノートはスタートメニューにあるOneNoteというアプリで確認することができる。
PCだけでなくタブレットにも導入されたWindows10。様々なデバイスに対応して使いやすくなった新OSをぜひとも試してみたいものだ。