下戸の人は胃ガンになりやすい?

東北大大学院医学研究科の飯島克則講師らのグループが、アルコールから生じる発がん性物質アセトアルデヒドが、酒に弱いほど高い濃度で胃の中にとどまることを実験で明らかにしたとのこと。
アセトアルデヒドを分解する酵素「ALDH2型」には活性型と不活性型があるそうだ。酵素が不活性型のため少量の飲酒で顔が赤くなったり動悸が激しくなる人を「下戸」と言う。日本人の3~4割が不活性型とされている。グループは20~30代の男性20人を「酒に強い人(活性型)」と「酒に弱い人(不活性型)」に分け、アルコール度数約15%の酒200~300ミリリットルを胃に直接注入し、経過を調べた。2時間後、酒の弱い人のアセトアルデヒド濃度は、強い人の5.6倍のままでとどまり、胃粘膜が高濃度のアセトアルデヒドにさらされていることが分かったそうだ。
また、アルコールとアミノ酸の一種「L-システイン」を胃に入れると、アセトアルデヒド濃度は酒に強い人で67%、弱い人でも60%低下。アセトアルデヒドを無毒化する砂糖を確認したとのこと。
飯島講師は「酒に弱い人は胃ガンになりやすいことを自覚してほしい」と注意を促しているという。同時にL-システインの飲酒による胃がん予防効果に着目し「将来的にはサプリメントの服用で胃ガンリスクを低減できるかもしれない」と話しているとのこと。お酒に弱い人、飲めない人に無理に酒を進める風潮も胃ガンリスクを高める要因となっているのだろう。酒に強いことが良いこと、強くならなければならないと言った風潮が変わっていくことを願うばかりだ。