ジバニャン刺身

今子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチ」。子どもだけでなく意外と大人でもハマっている人は多いようだ。昨年末の紅白歌合戦でも人気キャラクター「ジバニャン」の着ぐるみが登場していた。その人気に便乗して、ジバニャンを模した刺身が某スーパーで売られていたらしい。しかしその見た目はかわいいジバニャンとはかなりかけ離れたもので、正直怖いとツイッターなどで話題になっている。問題の商品は頭部はマグロの刺身、白い部分はイカ、目はタコの吸盤などジバニャンの顔をすべて刺身で表現している。刺身だけで猫耳やジバニャンの顔の模様を見事に再現しているアイデアは素晴らしいが、目をタコの吸盤にしたのが失敗なのか、明らかに原作のジバニャンの可愛らしい大きくてまん丸の目とは別物だ…。この刺身の盛り合わせがあまりに不評だったのか、目を海苔で再現した「改良版」が登場した。こちらはだいぶ原作のジバニャンに近づいている。キャラ弁感覚で子どもは食いつくかもしれないが、これを崩しながら食べるかと思うとそれはそれでグロテスクな気が…。