明菜にエール「私も復帰できた、頑張ってください」

質問コーナーで、華原の1つ年下、司会のミッツ・マングローブから「尖閣諸島についてどう思うか」と聞かれ「難しい感じ…変なこと言っちゃいそう」と言葉を濁す。だが「聖子ちゃんと明菜ちゃんのどちらが好き?」には「聖子ちゃん」と即答。直後には、体調不良で芸能活動休止中の中森明菜(48)に「私も復帰できたので、頑張ってください」と笑顔でエールを送った。

 

華原朋美が復帰できたからと言って、中森明菜が復帰できるとはね。

そもそも本人は復帰したいと思ってるんですかね。

そろそろ歳も歳だし、厳しいよね。

周りもいつまでも温かい目で見てはくれない。

功労者ということで見捨てるわけにはいかない人達もいるのでしょうけど。

そんな人たちが頑張って復帰させても受け入れる側のファンがいつまでも待っていてくれるか。

戻ってきてくれたらうれしいという程度で、いないならいないで別に・・・という人がほとんどなんでしょうから。

でも、頑張って復帰していただきたいですね。

あれだけ活躍した人ですから。

小久保ジャパンの主砲・中田の意外な事実

新生・日本代表「侍ジャパン」は初陣となった台湾遠征で3連勝と最高のスタートを切った。その中でも4番を務めた日本ハム・中田翔外野手(24)は、意外な理由で現地の注目を集めた。台湾でも人気の日本製野球ゲームでかなりの強打者として設定されているため「実物はどんなにすごいのか」と期待されたからだ。だが全3戦で2安打と不発に終わり、現地メディアからは「ゲームの方がすごい」という失望の声も。4年後の次回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までに、名実ともに日本の主砲に成り上がれるか。

 

ちょっと可哀相な気もしますね。

ゲームでは凄いのに、実物はそうでもなかった。

まだ若いしこれからなんですけどね。

元々前評判が高すぎたところもありますが、実際に実力もあると思いますけどね。

まぁ、ゲームでの実力に早く追いつくように本人には頑張っていただきたいですね。