アフリカゾウ減少

アフリカ大陸のアフリカゾウの生息数が減り続け過去最低の数字となった。現象の理由は象牙目的の密漁で明らかな人災である。
ここ10年でおよそ11万1000頭減り、現在は約41万5000頭が生存している。政府はアフリカゾウの密猟を止める方法を模索している。
アフリカのナミビアとジンバブエは、密漁ではなく自然死したゾウから象牙を得て、売り上げをゾウの保護活動に充てたいとし、反対している国もあり話し合いは平行線だ。
ナミビアとジンバブエに生息するアフリカゾウは減っておらず他国は減少傾向にあるようだ。
アフリカゾウを守るためには象牙そのものを全面禁止にする勢いで動かないと手の打ちようがないのかもしれない。

小1男児が川で死亡

11日午前8時5分ごろ、広島県福山市水呑町の芦田川で、同市内海町の小学1年の男の子(7)が水中に沈んでいるのを父親が発見しました。
男の子はは市内の病院に運ばれたが、約7時間後に亡くなったということです。
岸から3メートル離れた水深1.2メートルの川の中から男の子が発見されました。
午前8時半に始まる川の一斉清掃に参加するため、男の子は父親とこの川に訪れていました。
父親が清掃の準備をしている間に姿が見えなくなったそうです。
川に沈んだ息子を発見した時の父親の気持ちを考えると、胸が締め付けられる思いです。
小学生だし少しくらい目を離しても大丈夫、という気持ちがどこかにあったのではないでしょうか。
水難事故が本当に多くて、何か対処法は無いのかと頭を悩ませてしまいます。

クリオネ新種発見

100年ぶりに、クリオネの新種が発見された。
発見地はオホーツク海。蘭越町立の貝類博物館「貝の館」の山崎友資学芸員(33)と、オホーツク流氷科学センターの桑原尚司学芸員(41)の共同研究の末新種であることがわかった。
新種の学名は「オホーテンシス」。他種より丸みをもった形や触手が特徴だという。研究に関する論文は、英国の専門誌「ジャーナル・オブ・マラスカン・スタディーズ」などで発表されるそうだ。
山崎さんは「長い時間をかけて研究してきた成果が出てほっとしている」とコメントし、桑原さんは「こんな身近な所に新種が居たなんて思わなかった」とコメントした。発表時期にそれぞれの勤める施設で企画展を開催するという。
クリオネは研究者がすくなく、世界的に情報数もすくないのだそうだ。子供のころ、始めて本物のクリオネをみたとき、その小ささに驚いたのをおぼえている。

日本の天気不安定

この夏は梅雨入りも梅雨明けも遅かった。さらに、ようやく梅雨があけたと思っても未だ不安定な天気とじめじめした暑さが続いている。先日も、曇っていたと思ったらあっというまに雨が降り始め豪雨となり、雷までなりだした。しかし時間をかけずに雨がやみ、一転して日差しがつよくなるなど天気が安定しない。
現在、日本には南から温かい空気が流れ込んでいるが、上空では寒気が流れ込んでいる。このため明日にかけて強く激しい雨が降る。低い土地の浸水、河川の氾濫などに充分に注意したい。とくに北陸がひどい雨になるという。
雷も伴うため、落雷や竜巻にも注意が必要だ。高い建物の近くには行かないようにしよう。室内に入れば安全なので、外にでるのはやめよう。
適度に雨は降ってほしいが、ふるのかふらないのかはっきり分かればいいのにと思う。

千葉県幕張でバッグ盗んだ男が男性刺し逃走

28日の午前9時20分ごろ、千葉県千葉市花見川区幕張町の金物店から男が同店の70代の女性のバッグを奪って逃走しました。
『泥棒』という女性の叫び声を聞いた近くの会社員の人など、数人で追いかけたところ男は刃物で襲ってきたそうです。
26歳の男性が左脇腹や左肩などを刺され、男は奪ったバッグを残して走って逃げました。
ひったくりをし、刃物も持っているとはとても怖いですね。
男は現在もまだ、捕まっていないそうです。
また、いつ事件を巻き起こすのかわかりません。
近くに住んでいる方など、十分に注意してほしいです。
50代くらいの男で身長は170~175センチです。服装は黒いパーカーにカーキ色のズボンを履いていたとのことです。
見かけた方はすぐに110番を…

米フロリダのナイトクラブで銃撃、少年2人死亡

米南東部フロリダ州で現地時間25日午前0時半ごろ、若者たちを対象としたパーティーが開かれていたナイトクラブの前で銃撃があり、14歳と18歳の少年2人が亡くなり、十数人が負傷した。
少なくとも14~16人が、軽傷から命に関わる程度までのけがを負いました。
現場近くの住宅と車両1台も発砲を受け、1人が軽傷を負ったそうです。
米南東部フロリダ州ではわずか6週間前にオーランドにある同性愛者向けのナイトクラブで、49人が死亡した銃撃事件が起きたばかりで、米国における銃規制法の見直しに関する議論が再燃していました。
まだ10代でなくなってしまうのは無念ですね。
そういった銃撃戦などの事件が、普通に起きる外国は怖いと思いました。

すべらない話に古舘伊知郎

3月末で、12年間務めたテレビ朝日系「報道ステーション」のキャスターを卒業した古舘伊知郎が、16年ぶりにフジテレビに出演することが分かりました。
7月9日放送予定の特番「人志松本のすべらない話」に登場することになりました。
報道ステーション一筋だった古舘は、4月から2カ月間の休養を経て6月1日にトークライブで復帰をし、バラエティーを解禁しました。
お笑いコンビのダウンタウンの松本人志ら実力派芸人が1人トークで勝負する人気番組の30回記念に合わせてオファーされ、快諾をしたとのことです。同番組へは初参戦となります。

西日本側、大雨に注意

昨晩から今朝にかけて、西日本の雨が強くなっていくばかりだ。雨雲はこのまま北上するため、雨は関東や東北にも広がっていくとされている。とくに九州地方では雨の影響が大きく、熊本県阿蘇山で498.5ミリ、宮崎県えびので475.5ミリもの降水量となっている。
今晩までに、四国地方では180ミリ、九州近畿地方では150ミリ、中国地方では120ミリの雨が降ると予想されている。
自治体の避難情報に従うようにし、川や田んぼ、用水路の様子などは見に行かないようにしてほしい。
また、雨だけでなく雷の危険もある。気象庁によると、今日の昼過ぎごろから雨は弱まって、夕方には曇り空になるとのこと。雨は降るが気温も30度を超えるそうだ。
湿気は多いが汗もかくため、避難先でも水分はしっかりとってほしい。

コンビニのアイスケースに入り写真撮影

コンビニのアイスケース内に入って写真撮影したとして、福岡県警は20日、福岡県古賀市花見東5丁目、自称型枠大工の桑原和也(26)と、福岡県須恵町、自称とび工の山内翔(25)両容疑者を器物損壊と建造物侵入の疑いで逮捕したことを発表しました。
中央署によると、2人は昨年8月9日午前2時50分ごろ、福岡市中央区のコンビニに侵入。
山内容疑者がケース内に入り、桑原容疑者が撮影して、ケースやアイスクリーム288個を汚した疑いがあるとのことです。
最近はこのような事件が多いように思えます。
大人なのだから、やっていい事と悪い事の区別はつけてほしいですね。
これから、しっかり反省してほしいと思います。

「お薬手帳」熊本で有効性再確認

14日で発生から1か月を迎えた熊本地震で、避難時に服薬履歴を書いた「お薬手帳」を持ち出すことの有効性が再確認されいているという。手帳を居て病名や薬の種類が分かり、適切な処置につながった反面、手帳がないためにどの薬を出すか判断が難しいケースがあったからだ。熊本県益城町で支援活動にあたった経験を踏まえ、岡山赤十字病院の薬剤師浅野志津さんは「外出時には必ず手帳を持って」と訴える。
浅野さんは日赤県支部が派遣した救護班の一員として、益城町で医師や看護師と計11人で活動。千人以上が避難していたという町総合体育館で4月21日~23日に巡回診療し、持病のある人や体調が優れない人など約120人に投薬や服薬支持を行ったそうだ。
活動の中で再確認したのが「お薬手帳」の重要性だという。避難所で生活していたが、同じ敷地内に設けられた救護所に出向く気力もなかったという70代の男性は、注意が必要な要観察者のリストから漏れていたそうだ。浅野さんは手帳を見せてもらい、治療薬から手足の震えや体のこわばりが起こる難病・パーキンソン病と特定できたという。「もし手帳が無ければそのままリストに載らず、健康状態が悪化した可能性もあった」と明かした。
逆に手帳がなく投薬判断に困ったこともあったという。高血圧の高齢女性から「手帳が持ち出せなかったので、普段飲んでいる2種類の薬が分からない」と相談されたが、普段より効き目の強い薬は血圧が下がり過ぎることもあるため、リスクに考慮した投薬を医師に提案したそうだ。「手帳があれば、もっと適切に血圧をコントロールできる薬を選べたし、迅速に処方できただろう」と話す。
岡山赤十字病院の薬剤部では、錠剤の包装ケースなどを携帯電話やスマートフォンで撮影しておく手法も紹介。手帳を持ち出せなかった場合も包みに書かれた情報から薬の種類が分かるという。浅野さんは「持病に対して適切な薬をスムーズに出せる。命に関わる大切な手帳。避難の時は持ち出して」と呼びかけているとのこと。
お薬手帳は面倒で持ち歩かない人も多いかもしれないが、こうしたケースを聞くとやはり手帳はきちんと管理していた方がよさそうだ。